Home>DiscCatalog>RES-34

RES-34 ¥2,800(本体価格)+税

ソウル・フラワー・ユニオン
「ハイ・タイド・アンド・ムーンライト・バッシュ・ ベストライブ1999」

ソウル・フラワー・ユニオン初のライブ・アルバム。
ニューエスト・モデル、メスカリン・ドライブ時代の名曲も含む全14曲、75分!


ニューエスト・モデル、メスカリン・ドライブ時代を振り返っても、ライブ・アルバムのリリースは一度もありませんでした。まさに待望の1枚と言えるでしょう。 しかも収録曲はニューエスト時代から代表曲2曲、メスカリン時代から1曲、そしてソウシャリスト・エスケイプアルバム収録曲を含む、ソウル・フラワー・ユニオン代表曲のオンパレード。 併せて、アイルランド・ミュージックのドン、ド−ナル・ラニ−を加えての 「満月の夕」を収録しました。「雑種天国」から9分を超える大作「もののけと遊ぶ庭」までライブバンド、ソウル・フラワー・ユニオンの真骨頂を見せた一枚。


中川敬からみな様に・・・・・
満潮、そして月光の騒乱
かねてからソウル・フラワー・ユニオン(SFU)の実況録音盤には興味があった。“真打ち”はそれしかないのではあるまいか、と。
今作はこの一年間のベスト・テイク集であり、また、“本気”という意味で〈ウインズ・フェアグランド〉に続くSFUのニュー・アルバムだ(第一期SFUの集大成とも言える)。
現在、マスタリングを終えて、静かな喜びと驚きがある。間違いなく、今作はSFUの現時点での最高傑作であり、と同時に、真夜中の高速をカーステ大音量でブッ飛ばせる実にアニマルなR&Rレコードでもある(阪神高速で俺自身が実証済み。イカス!)。
サニーデイ・サービスの曽我部君が「僕らが日本で一番いい曲を書く」というようなことを言っていた。特に異論は無いが、その発言は彼がSFUの存在を忘れていた時のものだろう。
このアルバムには、音楽を愛して止まない極道者達の、“瞬間”と“連続”と“愛”が詰まっている。スイング・オーバー・ニッポン!!
P.S. このライブ(生きる)アルバムを“やり残したまま旅立たなくてはならなかったすべての者達”に捧ぐ。
中川敬


■収録曲目■

1.雑種天国  
初出はニューエスト・モデル(1990年)。
2.ブルー・マンデー・パレード
1999年2月リリースの最新アルバム「ウインズ・フェアグランド」から。
3.風の市
同じく「ウインズ・フェアグランド」から。
4.霧の滴(FOGGY DEW)
アイリッシュ・トラッドのスタンダード。初出は内海洋子のボーカルで1996年リリース「エレクトロ・アジール・バップ」。中川ボーカルでは初登場。
5.戦火のかなた
アルバム「ウインズ・フェアグランド」から。レゲエ(ワン・ドロップ)のライブ・バージョン。
6.マウンテン・バイク・フロム・ヘヴン
初出はメスカリン・ドライブ(1991年)。オリジナル・バージョンは内海洋子がボーカル。今作では伊丹英子がボーカルを取っている。
7.平和に生きる権利
初出は「エレクトロ・アジール・バップ」。
8.闇夜の太陽
初出は「エレクトロ・アジール・バップ」。コリアン・ファンク!
9.潮の路
初出はソウルシャリスト・エスケイプ(1997年)。ソウル・フラワー・ユニオンとしては初リリース。ブズーキーにドーナル・ラニー参加。
10.満月の夕  
95年2月、神戸・長田で見た情景。ドーナル・ラニー参加。
11.こたつ内紛争
初出はニューエスト・モデル(1989年)。
12.海行かば、山行かば、踊るかばね
「エレクトロ・アジール・バップ」より。ハイヤ節 Meets アイリッシュ。
13.エエジャナイカ
「エレクトロ・アジール・バップ」より。チンドンロックンロール。ソウル・フラワー初の非戦節。
14.もののけと遊ぶ庭
初出は「ワタツミ ヤマツミ」。ヴェルヴェット・アンダーグランド風エンヤトット。



CDを購入

このアーティストについて

   
  Copyright:2004 Respect Record All rights reserved