レネ・パウロ

「デュエット〜ザ・コンプリート・エディション〜」

Rene Paulo "Duet~The Complete edition~"

レネ・パウロ「デュエット〜ザ・コンプリート・エディション〜」
ハワイから届いた音の宝石箱──美しきピアノと、情感溢れるボーカルの素晴らしいデュエット!

2012年リリースの作品に、サンディーとの共演を収録した決定盤!
ラウンジ・ミュージックの第1人者による、ハワイ音楽の金字塔!


■アルバム内容

1960年代から現在に至るまで、長きに渡り第一線で活躍して来た、ハワイを代表するピアニスト、レネ・パウロ。ハワイ音楽に於ける、レネの功績をリスペクトすべく集まってくれた、素晴らしきボーカリスト達とレコーディングされた作品が、2012年リリースのアルバム「デュエット」です。
そして今回、1970年代からレネと親交を結んで来た、日本のハワイ音楽シーンを代表するボーカリスト&フラ・ダンサー、サンディーとのデュエットを追加収録したコンプリート・エディションがリリースされます。

 

彼は大スター。レネさんが奏でるピアノには、独特のローリンググルーブがあった。まさにワイキキの波の煌めき。マジック・タッチ。彼のピアノを聴いていると、素晴らしい時代のワイキキが見えてくる。あの日私は、それを感じながら歌っていました。幸福な時間でした。
──サンディー(レネ・パウロとのレコーディングを終えて)

 

アルバムの参加ボーカリストは、ハワイを代表する女性ボーカリストの故アンディ・ジェノア・ケアヴァの孫娘、ボーマイカイ・ライマン。
ロイヤル・ハワイアン・バンドの総指揮者であり、ボーカリストのアアロン・マヒ。
名曲「ワイキキ」の作者であるアンディ・カミングスの姪マリーン・サイ。
20世紀半ば、ニューヨークをはじめ全米中の一流ホテルでハワイアンを歌って来たモナ・ジョイ。
ハワイ音楽のレジェンド、ギャビー・パヒヌイの次男、故シリル・パヒヌイ(残念ながら2018年に死去されました)。
ジェイク・シマブクロがウクレレを担当していた人気グループ、ピュア・ハートの名ボーカリスト、ジョン・ヤマサトほか、ハワイ音楽を語る上で欠かせないボーカリストばかりです。

来年(2020年)90歳を迎える、レネ・パウロのハワイ音楽に於ける功績をもう一度称え、その美しきピアノの調べをさらに多くのリスナーに届けたいという思いから、今作をリリースします。


■収録曲/ボーカリスト

試聴 クリックでウインドウが開きます。

① ビヨンド・ザ・リーフ(波頭を越えて)
Vocal クウイポ・クムカヒ:ハワイのグラミー賞、ナ・ホク・アワードの常連です。
② マヌ・オォ
Vocal カヴィカ・カヒアポ:ナ・ホク・アワードを受賞しているベテランです。
③ カイマナ・ヒラ
Vocal マカナ:若手スラック・キー・ギタリストの人気者です。日本でもアルバムをリリースしています。
④ ケ・カリ・ネイ・アウ
Vocal アアロン・マヒ&モナ・ジョイ:アアロン・マヒはロイヤル・ハワイアン・バンドの総指揮者であり、ボーカリスト として、マリオネット・ホテルなどステージに立っているベテランです。モナ・ジョイはハワイアンの黄金時代を生きて 来たベテラン・シンガー。マヒ・ビーマやレイ・キニーと共に、ニューヨークを始め、アメリカ本土の一流ホテルでハワイアン を歌って来ました。
⑤ アイル・リメンバー・ユー
Vocal ジョン・ヤマサト:ジェイク・シマブクロも在籍したグループ、ピュア・ハートの元メンバーです。
⑥ アカカ・フォールズ(アカカの滝)
Vocal ポーマイカイ・ライマン:ハワイを代表するシンガー、故ジェノア・ケアヴェの孫。注目のシンガーです。
⑦ ホノルル・アイ・アム・カミング・バック・アゲイン
Vocal モミ・カハヴァイオラア:ジェノア・ケアヴェと共に活躍した、現在92歳になる伝説のシンガーです。
⑧ アクロス・ザ・シー
Vocal ゲアリー・アイコ:ジェノア・ケアヴェの長男であり、ロイヤル・ハワイアンバンドでも歌っているベテランです。 来日公演も行いました。
⑨ ワイキキ
Vocal マリーン・サイ:「ワイキキ」の作者である、アンディ・カミングスの姪に当たります。
⑩ ハワイアン・ウォー・チャント
Vocal アアロン・マヒ:M④参照
⑪ スウィート・レイラニ
Vocal モナ・ジョイ:M④参照
⑫ ヒイラヴェ
Vocal シリル・パヒヌイ:故ギャビー・パヒヌイの次男であり、スラック・キー・ギタリストの代表格の1人です。
⑬ ブルー・ハワイ
Vocal イローディア・カーネ:スラック・キー・ギタリストのベテラン、故レイ・カーネの奥さんです。
⑭ アイル・ウィーヴ・ア・レイ・オブ・スターズ・フォー・ユー
Vocal ジェフ・アウ・ホイ:名ボーカリストにして、名スティール・ギタープレイヤーです。
⑮ ワイキキ・フラ
Vocal ケアレ:ハワイの大スター、イズ(イズラエル“イズ”カマカヴィヴォオレ)のいとこにあたります。
⑯ エ・クゥ・モーニング・デュー
Vocal アケミ:レネ・パウロの奥さんであり、ワイキキのラウンジで活躍したベテランです。
⑰ ワイキキ
Vocal サンディー:日本のハワイアンシーンを代表するボーカリスト&フラダンサーです。


■プロフィール

1930年ハワイ、オアフ島ワヒアワで生れ、18歳でハワイ出身の音楽家として初めてニューヨークのジュリアード音楽院へ進学。
1950年代はアメリカ軍属のピアニストとして1年半程を日本で過します。六本木や赤坂、銀座で「ジャズ・ピアニストの帝王」として日本の社交界の人々の前で演奏。また、奥さんであり、歌手のアケミさん(日系の女性)と一緒にステージに立つ事もしばしばでした。尚、日本では中村八大氏と親交を結んだり、渡辺晋氏率いる「シックス・ジョーズ」のピアニストとしても活躍しました。
1960年代からハワイに戻り、ワイキキにて本格的な演奏活動をスタートします。当時のワイキキは、“ラウンジ・ミュージックの楽園”と呼ばれており、クラブやバー、キャバレー(総称してラウンジ)などでピアニストが求められていました。アメリカから“夢の楽園”ハワイに大挙押し寄せる観光客の前で、ロマンチックなハワイアンのナンバーを奏でるレネは引っ張りだこでした。
1961年、アメリカ本土のリバティレコードから、ファースト・アルバムをリリースし、1970年までに多数のアルバムをリリース。2002年には32年振りのアルバムを2枚同時にリリース。その後、「ワイマナロ・ムーン」(2003年)、「デュエット」(2012年)、「スターダスト~スウィート・メロディー・フォー・ハワイ」(2015年)、「ザ・ウェイ・ユー・ルック・トゥナイト~スウィート・バラード・フォー・ハワイ~」(2016年)、「ア・サマー・プレイス~ロマンチック・シネマ・ミュージック・フロム・ハワイ~」(2017年)、「そよ風と私~ラブ・サウンズ・フロム・ハワイ~」(2018年)をリスペクトレコードよりリリースしています。