レネ・パウロ

「ア・サマー・プレイス~ロマンティック・シネマ・ミュージック・フロム・ハワイ~」

Rene Paulo "A SUMMER PLACE - Romantic Cinema Music from Hawaii- "

ハワイから届いた珠玉の映画音楽集!

ハワイを代表するピアニスト、レネ・パウロが長きに渡り愛して来た映画音楽を収録しました。
美しく、ロマンティックな調べで奏でられる至福の作品です。


■アルバム内容

2016年4月以来、1年3ヶ月振りのリリースとなる新作は映画音楽集です。レネ・パウロが長きに渡り愛して来たまさに永遠のスタンダードと呼べる曲ばかりを取り上げました。
奏でられる調べは、優しきハワイの風の様にどこまでも心地好い、夢見心地にさせてくれる至福の調べです。ハワイから届いた素晴らしき映画音楽集、ゆったりとお楽しみ下さい。

「ここに収められた楽曲たちには、完璧なメロディーがある。どれも美しい、完成された楽曲ばかりだ。
だから私はただ、その美しいメロディーを美しいままに奏でることにフォーカスしようと考えた。それを崩してしまうなんてもったいないし、するべきだとは思えなかった。
どの楽曲も素晴らしいと私は心から思う。美しいメロディーを奏でることは、幸せなことだ。今回のレコーディングも、私にはとても楽しい、歓びに満ち溢れた時間だった」

――レネ・パウロ


■収録曲

試聴 クリックでウインドウが開きます。

01. 魅惑のワルツ(昼下がりの情事)
1957年アメリカ映画(監督:ビリー・ワイルダー 主演:オードリー・ヘプバーン、ゲイリー・クーパー)
02. エデンの東
1955年アメリカ映画(監督:エリア・カザン 主演:ジェームス・ディーン、ジュリー・ハリス)
03. 恋は素晴らしきもの(慕情)
1955年アメリカ映画(監督:ヘンリー・キング 主演:ウイリアム・ホールデン、ジェニファー・ジョーンズ)
04. 夏の日の恋(避暑地の出来事)
1959年アメリカ映画(監督:デルマー・ディヴィス 主演:トロイ・ドナヒュー、サンドラ・ディー)
05. ある愛の詩
1970年アメリカ映画(監督:アーサー・ヒラー 主演:アリー・マッグロー、ライアン・オニール)
06. ライムライト
1952年アメリカ映画(監督、主演、音楽:チャールズ・チャップリン 共演:クレア・ブルーム、バスター・キートン)
07. トゥ・ラヴ・アゲイン(愛情物語)
1955年アメリカ映画(監督:ジョージ・シドニー 主演:タイロン・パワー、キム・ノヴァク)
08. 第三の男
1949年イギリス映画(監督:キャロル・リード 主演:ジョセフ・コットン、オーソン・ウエルズ、アリダ・バリ)
09. 太陽がいっぱい
1958年フランス映画(監督:ルネ・クレマン 主演:アラン・ドロン、マリー・ラフォレ)
10. 禁じられた遊び
1952年フランス映画(監督:ルネ・クレマン 主演:ブリジット・フォッセー、ジョルジュ・ブージェリー)
11. 雨にぬれても(明日に向かって撃て!)
1969年アメリカ映画(監督:ジョージ・ロイ・ヒル 主演:ポール・ニューマン、ロバート・レッド・フォード、キャサリン・ロス)
12. サウンド・オブ・サイレンス(卒業)
1967年アメリカ映画(監督:マイク・ニコルズ 主演:ダスティン・ホフマン、キャスリン・ロス、アン・バンクロフト)
13. ララのテーマ(ドクトル・ジバゴ)
1965年アメリカ映画(監督:ディビッド・リーン 主演:オマー・シャリフ、ジュリー・クリスティ)
14. アラウンド・ザ・ワールド(80日間世界一周)
1956年アメリカ映画(監督:マイケル・アンダースン 主演:デイヴィット・ニブン、カンティンフラス)
15. マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(タイタニック)
1997年アメリカ映画(監督:ジェームズ・キャメロン 主演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウインスレット)
16. ジェルソミーナ(道)
1954年のイタリア映画(監督:フェデリコ・フェリーニ 主演:アンソニー・クイン、ジュリエッタ・マシーナ)
17. ロシアより愛をこめて(007ロシアより愛をこめて)
1964年のシリーズ第2作目の主題歌(監督:テレンス・ヤング 主演:ショーン・コネリー、ダニエラ・ビアンキ)
18. 男と女
1966年フランス映画(監督:クロード・ルルーシュ 主演:アヌーク・エーメ、ジャン・ルイ・トランティニャン)
19. 野生のエルザ
1966年イギリス映画(監督:ジェームズ・ヒル 主演:ヴァージニア・マッケンナ、ビル・トラヴァース)
20. タラのテーマ(風と共に去りぬ)
1939年のアメリカ映画(監督:ヴィクター・フレミング 主演:ヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブル)


■レネ・パウロ プロフィール

1929年ハワイ、オアフ島ワヒアワ生れ。母親が弾くピアノに興味を持ち、その後個人教授からピアノを習い始め、18歳になると、ハワイ出身の音楽家として初めてニューヨークのジュリアード音楽院へ進学しました。
1950年代は、アメリカ軍属のピアニストとして様々な所に行きましたが、その内の1年半程を日本で過しました。六本木や赤坂、銀座で「ジャズ・ピアニストの帝王」として日本の社交界のトップクラスの人々の前で演奏しました。尚、日本では中村八大氏と親交を結んだり、渡辺晋氏率いる「シックス・ジョーズ」のピアニストとして活躍しました。
1960年代からいよいよワイキキにて本格的な演奏活動をスタートします。当時のワイキキは、“ラウンジ・ミュージックの楽園”と呼ばれる程、クラブやバー、キャバレー(総称してラウンジ)が多数あり、あらゆる場所でピアニストが求められました。ロマンチックなハワイアンのナンバーを奏でるレネは引っ張りだこでした。1961年、アメリカ本土のリバティレコードから、ファースト・アルバムをリリースし、その後1970年までに18枚から19枚のアルバムをリリースしました。
2002年には32年振りのアルバムを2枚同時にリリース。1枚はハワイアン名曲集、もう1枚はハワイの日系の人々に愛されて来た日本の曲(「ここに幸あり」「見上げてごらん夜の星を」などを収録)ばかりを集めたアルバムです。2003年にはハパ、ケオラ・ビーマなどハワイを代表するアーティストの名曲をカヴァーした「ワイマナロ・ムーン」をリリース。2012年にはマカナ、シリル・パヒヌイなどハワイを代表する15人のボーカリストと共演したアルバム「デュエット」をリリース。2015年3月には、「スターダスト~スウィート・メロディー・フォー・ハワイ」をリリース。2016年4月には「ザ・ウェイ・ユー・ルック・トゥナイト~スウィート・バラード・フォー・ハワイ~」をリリース。