Home>Artists>琉球アンダーグラウンド

琉球アンダーグラウンド

 アメリカ、カリフォルニア生まれのジョン・テイラーとイギリスニューキャッスル生まれのキース・ゴードンが1998年10月、沖縄で出会った事からユニットがスタート。
 ジョンがレコードショップでワールドミュージックのバイヤーを担当していた時、喜納昌吉のアルバムと出会い、その後ネーネーズのアルバム「コザdabasa」を聴いて沖縄に関心を持つ。彼はラジオの選曲やミュージシャンとしても活躍しており、ジャマイカのDJ/シンガー、Uロイの全米ツアーではギタリストとして参加している。
 一方、キースはDJ/リ・ミキサー(「ツイン・ピークス」のテーマソングのリ・ミックス等を手掛ける)として活躍。オーストラリア在住時“りんけんバンド”と出会いその後大阪に移り住み、ネーネーズや喜納昌吉のライブに足を運び沖縄音楽と親しんだ。現在は沖縄在住。
 2002年3月に1stアルバム「琉球アンダーグラウンド」をリリース。このアルバムは沖縄民謡とクラブミュージックが融合した、エポック・メイキングな作品であり、後のミュージックシーンに大きな影響を与える。2003年に喜納昌吉の「花」をクラブサウンドでリメイク。同年4月に2ndアルバム「Mo Ashibi〜毛遊び〜」をリリース。さらに2004年6月には、世界的なクリエーター、kid loco(フランス)、Da Lata(イギリス)、Junkie XL(オランダ)、Bill Laswell(アメリカ)らが参加し、上記ファースト&セカンドアルバムをリミックスした2枚組の大作「Ryukyu Remixed」をリリースし、大きな話題となる。2005年3月には初のミックス・コンピレーションCDをリリース。琉球アンダーグラウンドと同じ地平(ワールド・ミュージックとクラブ・ミュージックの融合)に立っている、世界中のクリエーター達の楽曲を取り上げた。2006年には60年代のロック、サイケデリックサウンドと沖縄民謡を融合させたサードアルバム「シマデリカ」をリリースする。

<ディスコグラフィー>
a.オリジナルアルバム作品
 2009年4月「ウムイ
 2006年4月「シマデリカ
 2002年3月「琉球アンダーグラウンド
 2003年4月「Mo Ashibi 〜毛遊び〜

b.オリジナルアルバムのリミックス作品
 2004年6月「Ryukyu Remixed

c.ミックス・コンピレーション作品
 2005年3月「An Evening with Ryukyu Underground

d.マキシシングル
 2006年3月「黄金の花」(こがねのはな)沖縄限定発売
 2003年3月「花〜すべての人の心に花を〜
 2004年5月「オキナワ・ラウンジ

e.アナログ作品
 2002年2月「Soi Soi」ほか全4曲
 2003年3月「花〜すべての人の心に花を〜」全4ミックス
 2004年5月「恋尽ぬ花(Da Lata mix)」ほか全3曲
 2004年5月「Seragaki」全3ミックス



このアーティストについて

アーティストのホームページ

   
  Copyright:2004 Respect Record All rights reserved